運営者のプロフィール

簡単な自己紹介

ウチダショウマ。数学が大好きな24歳男性。東北大学理学部数学科卒業→教員採用試験1発合格→高校教師になるも、働き方に疑問を感じわずか1年で退職。現在はプロブロガーを目指して、日々ブログ執筆中。楽しい。

SNSや連絡先

最近、TwitterとTikTokをしっかりと運用し始めました。

たとえばこんなツイートとか…

こちらの動画は、$25$ 万再生 $2500$ いいねを突破しました♪

お仕事のご依頼などについても、「SNS・お問い合わせ」どちらのプラットフォームでも問題ございません。

ぜひご気軽にご連絡ください。

ウチダショウマの経歴

  • 黒歴史 $24$ 年。
  • アインシュタインと同じ誕生日。
  • 血液型は $A$ 型。
  • 趣味はカラオケ。ギター。
  • あとはドミニオンが楽しい(∩´∀`)∩
  • 中学はソフトテニス部の部長。
  • 高校では硬式テニス部作ったりしてました。
  • 大学で音楽に目覚める。
  • 大学院1年目と社会人1年目で挫折。
  • ちなみに、公立の高校教師やってました。
  • 雑務が多いなど、自分に合っていない要素が多く、抑うつ状態になりかける。
  • そこでブログと出会う。
  • ブログを書くのが好きなことに気づく。
  • とにかく「どうすればより人に伝わるか」を考えるのが好きです。

ちなみにウチダショウマ(内田翔真)は適当に決めたペンネームですが、結構気に入ってます。

「遊ぶ数学」のモットー

このサイトのモットーは

数学を、もっと身近に。

これです。

つまり、

  • 数学が嫌い → 数学が好き
  • 数学が好き → 数学が大好き

と、このブログに辿り着いた方が $1$ 段階ステップアップできる、

そんなブログにしていきたいです。

そのためのコンセプトは、大きく分けて

  1. ためになる
  2. わかりやすい
  3. おもしろい

以上 $3$ つがあります。

ためになる

たとえばこの記事。

あわせて読みたい
三角形の合同条件はなぜ3つ?証明問題をわかりやすく解説!【相似条件との違い】
三角形の合同条件はなぜ3つ?証明問題をわかりやすく解説!【相似条件との違い】こんにちは、ウチダショウマです。今日は、中学2年生で習う関門「三角形の合同条件」について、まずは図形の合同を確認し、次に合同条件を用いる証明問題を解き、また...

「三角形の合同条件は覚えているけど、どうして合同になるのかは理解していない…」

という方は非常に多いと思います。

そこで私は、「なぜ $2$ 組の辺とその間以外の角が等しいではダメか」など、別の角度から適切な解説を与えることで、理解を促進させるよう努めています。

こういう、細かな部分で数学力の差が生まれてくると感じています。

わかりやすい

たとえばこの記事。

あわせて読みたい
円周角の定理とは?【必ず押さえたい7つのポイント】
円周角の定理とは?【必ず押さえたい7つのポイント】円周角の定理に関する重要事項を知りたいですか?本記事では、円周角の定理を学ぶ上で必ず押さえたい7つのポイントをまとめ、それらについて深く考察していきます。円周角の定理の逆や、いろいろな応用問題もあわせて解説。円周角の定理をマスターしたい方は必見です。

世の中の数学本について思うこと。

それは「文章が難しすぎてわかりづらい」ということです。

よって当ブログでは、

  • なるべく平易な文章
  • 適切な構成の文章
  • しかし、厳密に正しい。

以上 $3$ 点を守るよう、日々努力してまいります。

本当はわかるはずなのに、表現や用語が難しいことで、数学に嫌悪感を抱いてしまっている方を救いたい、

そう思って記事を書いてます。

おもしろい

たとえばこの記事。

あわせて読みたい
カプレカ数とは?なぜ5桁はないの?【4桁「6174」の証明も解説】
カプレカ数とは?なぜ5桁はないの?【4桁「6174」の証明も解説】「カプレカ数とは何か」知りたいですか?本記事では、カプレカ数の定義から、3~8桁までのカプレカ数、さらにカプレカ数を応用した小学生向けの計算遊びまで、わかりやすく解説します。ぜひカプレカ数の不思議さ・面白さを実感してみてください♪

好きこそものの上手なれ」という言葉があります。

ようは、数学が好きになってしまえば勝ち、ということですね。

皆さんはカプレカ数という数をご存じでしたか?

多分、ほとんどの方が初耳だと思います。

しかし、それが大事。

「みんなが知らないけど、オレだけ知ってる知識。」

そういう知識って、なんか高級感がありませんか?

もちろん、知識を独り占めにすることを推奨しているわけではございません。

ただ、こういうところを入り口として数学の魅力にどっぷりつかっていくのは、大いにアリだと思います。

まとめとお願い

クオリティの高い記事を書くよう努力していますが、私も人間です。

おそらく、多少の誤植はあるでしょうし、これからも生み出していくことでしょう。

ですので、もし誤植に限らず何か気になる点を見つけましたら、遠慮なくお問い合わせフォームからご連絡いただければと思います。

また、すべての記事の下にシェアボタンがあります。

こんなやつです。

画像

もし記事がよろしければ、SHAREボタンから拡散していただけましたら本当にありがたいです。

お手数おかけしますが、ぜひよろしくお願いします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。