MENU
カテゴリー
おすすめプログラミングスクール紹介中! 一覧はこちらから

【徹底比較】タイvsフィリピン!日本人が移住しやすいのはどっち?

「物価の安いタイかフィリピンに移住したいんだけど、どっちが自分に向いているんだろう…」

とお悩みではありませんか?

タイとフィリピンは、物価が安く同じ東南アジアの国であることから、人気の高い移住先としてよく比較されます。

実際、財団法人ロングステイ財団の調査では、毎年どちらの国もTOP10にランクインしており、特にタイは8年連続(2012~2019年)で2位に選ばれています。

実際、財団法人ロングステイ財団の調査では、毎年どちらの国もTOP10にランクインしており、特にタイは8年連続(2012~2019年)で2位に選ばれています。
14年連続「住みたい国」世界No.1』より引用

本記事では、そんなタイとフィリピンの共通点から相違点まで、事細かく比較していきます。

ぜひ移住先選びに役立てていただければ幸いです。

スポンサーリンク
目次

タイとフィリピンはどっちがおすすめ?項目ごとに徹底比較!

言語:フィリピンがおすすめ

フィリピンの公用語は英語なので、基本英語ができればフィリピンでの暮らしに不便はありません。

また留学先としても非常におすすめで、セブ島にはなんと140校もの語学学校が存在しています。

一方、タイの公用語はタイ語であり、またタイ人の英語力はひょっとすると日本人より低いと言えるぐらいです。

ウチダ

首都のバンコクであればある程度移民も多いので英語でもなんとかなりますが、他の地域で暮らすのであればタイ語は必須です。

我々日本人にとって、タイ語は

  • 学校で全く習わないから基礎がない
  • タイ文字が難解で読めない
  • 発音が何種類もあってややこしい
  • 学習教材が少ない

などの理由から、英語よりハードルが高いです。

移住の条件として「言語」を最重要視する方は、タイではなくフィリピンやマレーシアといった英語圏を検討するようにしましょう。

\オンライン英会話No.1人気!/

言語は歴史的背景が色濃く影響している

タイ人がなぜタイ語しか話せないか。その理由は日本と同じく「植民地の経験がないから」です。

フィリピンは、長らくスペインやアメリカに支配されてきたため、それらの血も多く残っています。

タイは、移住者や旅行者が多いという意味で多国籍ではありますが、あくまで外国人が多いだけであって、タイ人そのものが多国籍というわけではありません。

ウチダ

ちなみにフィリピンはキリスト教(カトリック)、タイは仏教、そしてマレーシアはイスラム教と、同じ東南アジアでも信仰している宗教は異なります。

またフィリピンは、7,641もの島々からなる国なので、それぞれの島でもまた違った文化や言語があります。

日本との時差とアクセスの良さ:フィリピンがおすすめ

タイ(バンコク)フィリピン(マニラ)
日本との時差-2時間-1時間
東京からの直行便約6時間半約4時間半

タイもフィリピンも日本に近いので、時差やアクセスの問題はあまり発生しづらいです。

とはいえ、月に1度以上日本と行ったり来たりする場合は、2時間の飛行時間の差は結構大きいです。

ウチダ

そんなに行き来する予定がないのであれば別にどちらでも良いですが、日本との2拠点生活を考えている場合は、フィリピンの方がおすすめです。

ちなみに、航空券はどちらとも片道15,000円~20,000円ぐらいと、大差ない値段です。

ビザ:50歳未満はフィリピン、50歳以上はタイ

フィリピン・タイともに、日本のパスポートがあれば30日間はノービザで滞在することが可能です。

ただ、タイは最大3ヶ月までしか延長できないのに対し、フィリピンであれば最大3年まで延長することが可能です。
※これらの行為は「ビザラン」と呼ばれ、今後の情勢次第では急に制限が厳しくなる可能性もあるので、あらかじめご了承下さい。

では、タイでは3ヶ月ごとに観光ビザを更新する方法しかないのでしょうか?そんなわけないですね。

タイに長期滞在するためのおすすめビザは

  • 観光ビザ(上述)
  • 学生ビザ
  • リタイアメントビザ
  • タイランドエリートビザ

の4つですが、この中でも特に「リタイアメントビザ」と「タイランドエリートビザ」は知っておくと良いでしょう。

リタイアメントビザ

■申請条件

  1. 50歳以上
  2. 80万バーツ以上をタイ国内の銀行に維持する、または月々の収入(年金等)が65000バーツ以上

※上の「2」を満たせない場合、預金と月々の収入の合計で80万バーツ以上あること
※2022年5月時点では、1バーツ=3.70円

タイランドエリートビザ

■有効期限:5年
■費用:80万バーツ

※無職でも入会可能

リタイアメントビザの条件はかなり緩いため、タイは老後の移住には最適です。

一方で、タイランドエリートビザはまさしく「お金で買うビザ」であり、月々の負担額に換算すると約2万8千円かかるので、少しハードルが高いです。

ウチダ

それでも、月約3万円払って5年間長期滞在できる国は、タイ以外にはありません。タイとフィリピンは、ビザ的にはかなり移住しやすい国ですね。

フィリピンの方が観光ビザが優秀なため、50歳未満:フィリピン、50歳以上:タイと一応結論付けました。

ただ、両国に興味があるなら、ぜひ1ヶ月でも良いのでどっちともに住んでみて、そこから判断するようにしてくださいね。

ウチダ

ちなみに、これらのビザを取る場合でも現地での就労はできません。※現地での就労には「就労ビザ」の取得が必須ですが、かなりハードルが高いです。

また、海外で日本の案件をこなす、いわゆる「ノマドワーク」は法律的にはグレーゾーンな部分もあるため、海外で「ノマドワークをしている」ことは(特に入管に対しては絶対に)話さないようにしましょう。

※なるべく正確な情報を届けるよう努力はしていますが、ビザを定める「移民法」は想像以上に複雑なので、個別のケースに関する相談はタイおよびフィリピンのビザ専門の弁護士に相談するようにしてください。

食生活:タイがおすすめ

タイは、屋台の質が高く、安くて美味しいことで有名です。

以下の動画では、ご飯1杯18円・焼き鳥1本36円・ガパオライス126円の屋台が紹介されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

コメントを残す

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる