MENU
カテゴリー
数学のオンライン家庭教師なら遊ぶ数学【プロが1対1で個別指導します】
先着5名限定!遊ぶ数学のオンライン家庭教師はこちら

真数条件・底の条件はなぜ必要なのか?応用問題6選を元高校数学教師が解説

こんにちは、遊ぶ数学のウチダです。

対数方程式や対数不等式の問題を解いていると、よく真数条件という言葉が登場します。

例題.対数不等式 $\log_2{x}≦3$ を解け。

【解答】

$3=\log_2{2^3}=\log_2{8}$ より、$\log_2{x}≦\log_2{8}$

底 $2>1$ より、$x≦8$

ここで真数条件 $x>0$ より、解は $0<x≦8$

(解答終了)

真数条件を考えず、単に $x≦8$ としてしまっては不正解になってしまいます。

数学太郎

この真数条件ってホントよく出てきますけど、正直全然ピンときてないんですよね…。

数学花子

真数条件を使うときをもっと知りたいです。

ということで本記事では、

  • 真数条件とは何か
  • なぜ真数条件は必要なのか
  • 真数条件を使うときはどんなときか

以上について、高校数学教員がわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク
目次

真数条件と底の条件って何?

「真数条件」という言葉だけがひとり歩きしていますが、実はもう一つ重要な「底の条件」というものがあります。

まずはこの真数条件と底の条件について、まとめておきましょう。

真数条件と底の条件

対数関数 $y=\log_a{x}$ において、

  • 底の条件:$a>0$ かつ $a \neq 1$
  • 真数条件:$x>0$

真数条件を理解するには、まず底の条件を深く理解する必要があります

ウチダ

ここから一旦は底の条件の解説に入りますが、最終的に「なぜ真数条件が $x>0$ となるのか」がわかるようになっていますので、ご安心ください。

底aが負でない理由:実関数として考えられなくなる

まずは底 $a<0$ ではダメな理由を考えていきます。

具体的に考えるとわかりやすいので、ためしに $a=-2$ とします。

対数関数 $y=\log_{-2}{x}$ を指数関数で表すと、$(-2)^y=x$ となりますね。

ここでためしに $\displaystyle y=\frac{1}{2}$ を入れてみましょう。

\begin{align}x=(-2)^{\frac{1}{2}}=\sqrt{-2}\end{align}

すると、ルートの中にマイナスが出てきてしまうので、これは実数ではなくなってしまいます

ウチダ

虚数を学習すると $\sqrt{-1}=i$ でしたから、$x=-2i$ と一応は表記できます。しかし座標平面上に $\displaystyle (-2i , \frac{1}{2})$ なんていう点は存在するでしょうか?

$x$ 軸、$y$ 軸ともに実数の世界で座標平面を考えているため、$x$ が虚数、$y$ が実数となってしまう関数のグラフを書くことはできません。

よって高校範囲では、対数関数 $y=\log_a{x}$ は $a<0$ で考えることはできないのです。

ウチダ

ちなみに同様の理由で、指数関数においても $a<0$ は考えません。

底aが0,1でない理由:関数でなくなる

底 $a$ が $0$ , $1$ だと、$y=\log_a{x}$ は関数じゃなくなってしまいます。

これを順に解説していきますね。

底a=0の場合

まず $a=0$ とすると、$y=\log_0{x}$ となり、これは「 $0$ を $y$ 乗したら $x$ になる」という意味でしたね。

ただし $0$ を何乗しても $0$ なので、$x=0$ と固定されてしまいます。

また、$y=-1$ とすると、$\displaystyle 0^y=0^{-1}=\frac{1}{0}$ となり、$0$ で割ってはいけないルールに反するため、$y>0$ です。

よって $y=\log_0{x}$ のグラフは以下のようになります。

よって $y=\log_0{x}$ のグラフは以下のようになります。

$x$ の値を一つ定めたとき、$y$ の値がただ一つに定まる式を、$x$ の”関数”と呼んでいたので、これは関数とは言えませんね。

ウチダ

ちなみに補足すると、$0^0$( 0の0乗)は $0$ と考えることも $1$ と考えることもできます。

0の0乗について解説すると本題からそれてしまうため、気になる方は以下の記事をご覧ください。

0の0乗とは~(準備中)

底a=1の場合

$a=1$ とすると、$y=\log_1{x}$ となり、これは「 $1$ を $y$ 乗したら $x$ になる」という意味でした。

ただし $1$ を何乗しても $1$ なので、$x=1$ と固定されてしまいます。

今回は $a=0$ のときのように「 $y$ がマイナスになると $0$ で割るルールに反する」みたいなことがないため、$y$ は実数全体を取ります。

よって $y=\log_1{x}$ のグラフは以下のようになります。

よって $y=\log_1{x}$ のグラフは以下のようになります。
数学太郎

これも $x$ の関数とは言えないですね…。だから底は $1$ じゃダメなんですね。

ウチダ

よく理解してきたね^^以上が底の条件の説明だよ。でもここまで理解できれば、真数条件もわかったも同然なんだ。

真数が0より大きい理由:グラフを書けば明らか

以上を踏まえ、対数関数 $y=\log_a{x}$ の底 $a$ が

  1. $0<a<1$
  2. $1<a$

以上 $2$ パターンに分けて、グラフを書いてみます。

対数関数のグラフはかなり特徴的な形をしているため、苦手意識を持つ学生の方は多いです。2
0<a<1のグラフ
対数関数のグラフはかなり特徴的な形をしているため、苦手意識を持つ学生の方は多いです。1
1<aのグラフ

どうでしょう。真数条件 $x>0$ は理解できましたか?

数学花子

…あ!2つのパターンどちらとも、$x≦0$ にグラフは存在していないです。

ウチダ

そう。グラフを見たら、$a$ が何であっても $x>0$ であることがすぐにわかるよね。これが真数条件の正体なんだ。

つまり、今までの話をまとめると…

STEP
底 a の条件を考える
STEP
0<a<1 , 1<a でグラフを書いてみる
STEP
真数条件 x>0 がわかる

この手順で真数条件 $x>0$ が理解できるのです。

ウチダ

対数関数のグラフの書き方については、以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

真数条件・底の条件を使うときとは?応用問題6選で知識を定着

真数条件と底の条件について理解を深めたところで、今度は実際に使ってみましょう。

真数条件・底の条件を使うときを一言でまとめると、「真数(底)に変数が登場したとき」です。

数学太郎

真数条件も底の条件も使うときは一緒なんですね。じゃあ、なんで真数条件ばっかり出てくるのでしょうか?

ウチダ

それは真数に変数が含まれることが圧倒的に多いからだよ。たとえば $\log_x{2}$ と $\log_2{x}$、どっちをよく見る?

問題としてよく見るのは、圧倒的に後者の $\log_2{x}$ ですよね。

真数条件の方が見る機会が多いのは事実ですが、どちらとも使う場面は同じなので、この $2$ つは常にセットで覚えておくようにしましょう。

それでは真数条件・底の条件の応用問題を、計6問解いていきます。

真数条件・底の条件の応用問題6選
  • 対数方程式3問
  • 対数不等式2問
  • 対数関数の最大最小1問
目指せ、全問正解!

対数方程式3問

問題1.次の対数方程式を解け。
(1) $\log_x{4}=-2$
(2) $\log_2{(x+2)}+\log_2{(x-1)}=2$
(3) $\log_3{x}-3\log_x{3}=2$

まずは対数を式に含む方程式、つまり対数方程式の問題です。

真数条件と底の条件を先に考えた上で、方程式を解くようにしましょう。

(1)や(2)では、真数条件や底の条件を使うことで、正しい解に絞ることができましたね。

一方で(3)では、真数条件や底の条件を使っても、解はそのまま変わりませんでした。

ウチダ

ですが(3)のような場合であっても、「出てきた解が本当に条件を満たすか判断する」ために真数条件・底の条件を使うのは必須です。

特に記述の問題で真数条件・底の条件を書き忘れると、「あ、この子は条件を満たすことを確認していないな」と認識され減点されてしまいますので、必ず確認するようにしましょう。

解答中に出てきた「対数の公式」と「底の変換公式」に関する詳しい解説は、以下の記事をご覧ください。

研究:(2)について深く考えてみよう。

問題1(2)`.対数方程式 $\log_2{(x+2)(x-1)}=2$ を解くとどうなるか、考えてみよう。

(2)の解答二行目において、

\begin{align}\log_2{(x+2)}+\log_2{(x-1)}=\log_2{(x+2)(x-1)}\end{align}

※スマホの方は数式を横にスクロールできます。

という式変形を用いました。

では、もし最初からこの式変形がされていたら、解はどうなるでしょうか。

数学花子

最初に式変形されていようが、後から式変形しようが、解は変わらなくないですか?

ウチダ

それは解いてからのお楽しみ。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

数学花子

そっか!真数条件が変わるから、求める解も変わるんですね!

ウチダ

よく気づきましたね^^式変形する過程は同じなのに、真数条件が違うことで求める解が変わるなんて、数学は奥深いですね!

「二次不等式の解き方がわからなかった」という方は、ぜひ以下の記事をあわせてご覧ください。

対数不等式2問

問題2.次の対数不等式を解け。
(1) $\log_{\frac{1}{3}}{x}>4$
(2) $\log_2{(7x-x^2)}<\log_2{(x^2-4)}$

次は対数を含む不等式、つまり対数不等式を解く問題です。

冒頭で解いた $\log_2{x}≦3$ と同様に、真数条件や底の条件だけでなく、底が $1$ より大きいか小さいかにも注意して解いていきましょう。

指数不等式と同様に、底が $1$ より大きいか小さいかで対数と真数の大小関係は異なります。

対数と真数の大小関係

底が $1$ より大きい:真数の大小関係と対数の大小関係は一致する

底が $1$ より小さい:真数の大小関係と対数の大小関係は逆になる

指数不等式も気になる方は、以下の記事をあわせてご覧ください。

スポンサーリンク

対数関数の最大最小1問

問題3.対数関数 $y=\log_2{(x+2)}+\log_2{(3-x)}$ の最大値を求めよ。

最後は、対数関数の最大最小の応用問題です。

この問題も今までと同じように、真数条件を忘れずに使って解いていきましょう。

以上のように、対数関数の最大最小を求めるために、平方完成を行うことがあります。

平方完成は必ずできるように、計算練習をたくさん積んでおきましょう。

まとめ:真数条件・底の条件を忘れずに使い、応用問題をマスターしよう

真数条件と底の条件はマスターできましたか?

以上、本記事のポイントをまとめます。

真数条件・底の条件のポイントまとめ
  • $y=\log_a{x}$ には、$a>0$ , $a \neq 1$ , $x>0$ という条件が付いている。これらをそれぞれ真数条件、底の条件と言う。
  • 底 $a$ についての条件を考え、$0<a<1$ , $1<a$ でグラフを書いてみると、自ずと真数条件がわかる。
  • 対数方程式、対数不等式、対数関数の最大最小を解けるようになろう。

真数条件・底の条件をマスターしたら、いよいよ対数の最後の関門である「常用対数」について学びましょう。

【先着5名限定!】数学家庭教師の無料ヒアリングを受けてみる

高校数学に悩みを抱えている方限定で、オンライン家庭教師の生徒さんを募集中です。

興味のある方はぜひ下のボタンからご覧ください。

よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク

コメントを残す

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる