MENU

データの分析まとめ【センター試験を解くためのコツ全18記事】

2019 12/17
データの分析まとめ【センター試験を解くためのコツ全18記事】

こんにちは、ウチダショウマです。

さて、皆さんは数学Ⅰ「データの分析」は、しっかりとマスターできましたか?

といっても、「肝心のセンター試験で点数を取れるかどうか」のイメージがしづらい分野だと思います。

悩む男性のアイコン画像悩む男性

理解しているつもりなんだけど、いざセンターを解いてみると振るわないんです。

悩む女性のアイコン画像悩む女性

う~ん。センターではどういう問題が問われるんですかね。

センター試験で問われるデータの分析は、意外と難しいこともあります。

よって本記事では、センター試験で満点を取れるように、本記事で扱うデータの分析の解説記事全 $18$ 個を、勉強してほしい順番でまとめました。

ぜひ、ご利用ください。

目次

データの分析(数学Ⅰ)全18記事

$3$ 章に分けてまとめていきます。

データの分析の基本編(中学3年生内容)

まずはこの $6$ 記事の内容がすべて頭に入っているか、軽くでいいので確認しましょう。

といっても、基本的な用語の説明が主な内容なので、理解しづらいことはあまりないかと思います。

しかし、最後の「平均値・中央値・最頻値」については、深い理解が必要です。

ウチダのアイコン画像ウチダ

「データの代表値を使う目的」を知っているか否かで、今後の内容の理解度に大きな差が生まれてきます。この記事だけは熟読することをオススメします。

データの散らばり編【センター試験のコツその1】

この $7$ 記事は、高校数学ならではの内容になっております。

また、この $7$ 記事の内容が、センター試験を解くための基盤となる知識であることに間違いはありません。

ウチダのアイコン画像ウチダ

データの分析を理解するには、なぜ勉強するのかのストーリーを追いましょう。それぞれの記事を熟読することで、自然とそのスキルが身に付くように執筆しました。

これら $7$ 記事については、特に優先度は設けませんので、自分で「理解度が弱い」と思う記事から読み進めてみてください。

変量2つのデータの比較編【センター試験のコツその2】

ここが一番の重要パートです。

というのも、センター試験で問われる多くの知識は、大体この分野から出題されます。

ウチダのアイコン画像ウチダ

というより、この分野から出さないとあまりに簡単になりすぎて、「受験者間で差が生まれない」と言った方が適切でしょう。

特に、相関係数については、よく理解しておく必要があります。

求め方だけでなく

  1. 相関係数から何がわかるか
  2. 相関係数の定義とは
  3. 相関係数がいくらだと予想できるか

などなど、幅広い出題パターンがありますので、ここは避けては通れません。

ここの分野は、私も熱を込めて執筆しましたので、ぜひ熟読してもらいたいと思います。

スポンサーリンク

データの分析(数学Ⅰ)をセンター試験の得点源に!

この分野は、他の分野に比べて内容が簡単なので、得点源にしやすいです。

逆に言えば、ここを落とすといい大学に入ることが難しくなってきます。

悩む女性のアイコン画像悩む女性

何かいい勉強方法はないでしょうか。

ウチダのアイコン画像ウチダ

基本的に僕の記事でほぼすべて網羅してますが、「勉強習慣に問題のある方」「個別に指導が必要な方」など、人によって問題点は多種多様です。

そこで僕がオススメする勉強方法は、全く新しいサービス「オンライン家庭教師」を使う方法です。

悩む男性のアイコン画像悩む男性

オンライン家庭教師って何?

ウチダのアイコン画像ウチダ

一言で言えば、「パソコン一台あればどんな方でも受けられる、完全マンツーマン指導」ですかね。これ以上の個別指導はないと思いますよ。

気になる方は、オンライン家庭教師について詳しく解説した記事がありますので、ぜひこちらから続きを読んでみてください。

以上でおわりです。

【小中高生向け】オンライン家庭教師とは?(オススメ5選をご紹介)
【大学生向け】専門書は高いのに売れない?そんなことないです(専門書買取おすすめ4選)

コメント

コメントする

目次
閉じる